>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

トークイベントのご案内

突然の差し込みお知らせごめんください。

来る10月11日(土曜日)のお昼すぎ、
熊本市新市街玉屋通りの「橙書店」にて
鈴木るみこさんと二人でお弁当についておしゃべりすることになり、
そこにいらしてくれたら嬉しいとの意味を込めて
熊本在住のみなさまへのお知らせです。

「橙書店」は隣接のカフェ「オレンジ」の店主田尻久子さんが
大事に大切に育てている小さな本屋さんです。
著名な詩人、作家さんたちが著作の発売を記念して、
ここでトークや朗読をわりと頻繁にいたされる・・・
ということで
“一部の人たち”に名を馳せています。

今回はマガジンハウスより刊行の『明日も私たちのお弁当』を、
その企画・編集に携わっている
編集者&ライター鈴木るみこさんの来熊に合わせて
わーっと盛り上げようということで、
話し相手に私が選ばれたわけであります。

私がマガジンハウスで騒いでいたのは
もう遥か昔のウン十年も前のこと。
懐かしきハルウララのように
今や遠〜い日本の片すみで
静かな余生をすごしている私に人前トーク、だなんて、
と、二の足踏んだも本当ですが、
るみちゃんたっての願いと聞けばお断りできるはずもなし。
人前緊張症の不安度80%抱えつつお引き受けした次第です。

るみちゃんは
私が雑誌オリーブの雑貨やインテリアのページをのりのりでやっていた時期から
わずかにずれてオリーブ編集部に入ってきました。
静かに、ひかえめに、
ちょうど睡蓮の花のようにぽわっと微笑む新人さんで、
編集部にはめずらしく文学少女的雰囲気のある女性だな、
というのがそのときの私の印象です。
私がスタイリストを辞めた頃、
確かるみちゃんもマガジンハウスを辞めたのではなかったかしらん。
彼女はそれからパリ留学。
戻ってフリーランスの編集者となり、
クウネルの創刊に係わって、
以後今日まで企画・編集・原稿と、その力量を発揮しています。

『明日も私たちのお弁当』は
クウネル創刊号からの連載「私たちのお弁当」の単行本化3冊目です。
今のお弁当ブーム、
思えばこの企画が火付け役となったのではないでしょうか。
今回も60名の人が作った100個のお弁当が載っていて、
“おべんと作らない主義”の私(わけはイベントでお話しします)でも
思わず作りたくなる美味しいそうなものばかり。

表紙に使われている京都のコーヒー店畑啓人さんのお弁当です。
イケてますねえ〜。

お弁当の本


お弁当だとお弁当箱ひとつですみますが、
そうじゃないお昼ごはんの私は
常にいくつも器を汚すわけです、はい。

お昼ごはんに使った器


では土曜日にお待ちしています。

  橙書店トークイベント
──るみさんとゆみさんの
   おいしいたのしい お弁当のはなし──

出演  鈴木るみこ
    吉本由美
日時  10月11日(土)
    13:00会場  13:30開演
料金  1500円(1ドリンク付)
場所  橙書店
問い合わせ orange/ 橙書店 096-355-1276
http://www.zakkacafe-orange.com/
定員  30名 要予約
スポンサーサイト

| 未分類 | 17:11 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。