FC2ブログ

>> EDIT

seventy days 70歳からの庭造り12ヶ月

その③  2018.10.10

思えば8月6日、
朝早くから猛暑の中「ベンリーさん」に草刈りをして貰ったのだった。
久しぶりに地面を見た、すっきりした、と、喜んだのもつかの間、
夏草の勢いはいと恐ろしや。
刈った程度ではほぼひと月でこのようになるのだ。

草だらけ

そうよ、刈るんじゃなく抜かなくっちゃきりがない、
とは思うのだけど、
6月にシルバー人材センターに“草引き抜き隊”の予約を入れたら、
「夏の間はもう目一杯予約が入っていて早くても9月半ばを過ぎる」
と言われ夏場は断念、
仕方なく9月25日を申し込んだ。
で、その間を「ベンリーさん」の草刈りで一時凌ごうというつもりだったが、
いや〜、今年の夏は暑かったせいか、雨が少なかったせいか、
草萌ゆる勢いはいちだんと激しくすぐに草原化した。
そして、なんだろう・・・
生えているのがイネ科の草ばかりというのも気持ち悪い。
この庭にも以前は様々な草花が顔を見せていたのだ。

ヘビイチゴとか
へびいちご

何故か毎年それにつるんで黄色い小花をつける名も知らぬ草とか
草花

星の形の小さな花とか
青い小花

その他いろいろ、いろいろと。
白花

花と猫

小花


蘇鉄ブラザーズのまわりにも
背の低い草花が集まって楽しいステージを作っていた。
蘇鉄3兄妹


それが年月を重ねるごとに、
何故だろう・・・どんどんと味気ない“庭相”に変わっていった気がする。
年とともに多種混合が薄らいでいき、
同じ種類ばかりが繁茂して、
どこかの国の政治のように1強の庭社会ができあがってしまった。
私はしだいにこの庭が嫌いになっていった。
当然草むしりをする気持ちもなくなっていった。
だから草ボウボウになる。
するとますます見たくなくなるという悪循環。

それにしても
自分の家の庭を好きになれないというのは悲しいものだ。
庭猫たち6匹全員を看取るまで
私はこの家で暮らさなくてはならない。
それは10年、長くて20年、
この庭と付き合わなければならぬということだ。
好きになれない相手とそこまで長く付き合えるものだろうか?
私には自信がないぞ・・・と、考えたとき、
それはいかん、なんとかせなあかん、となった。
それで11月、
庭造りのプロにお願いして庭を白紙に戻すことにした。
そこから自分の好きな庭を造ろうという計画である。

さて待望の9月25日。
朝8時からシルバー人材のおじさま方4名が汗を流され、
むさ苦しかった庭はお昼前までにこんなになった。

つんつるてんの庭

すると、
あそこに枇杷の木はどうだろう、いやスモモかな。
こっちには檸檬の木があってもいいね、などの夢が生まれた。
なるほど夢は真っさらなところから紡がれていくのだな。
「暑い熊本ではイングリッシュ・ガーデンは無理だけれど、
山紫陽花は大丈夫」とおっしゃる私の“庭のお師匠さん”で
素敵な庭の持ち主、建築家の坂田久美子さんから
「ヨシモトさんの庭に植えたい草木を思考中」と言ってもらうと、
目の前のつんつるてんの庭が俄然薔薇色に染まり、
久しぶりに庭に出て更地化した現状を見て回った。

育ちが良すぎて鬱陶しいと
去年根っこのところから友だちに切ってもらった蘇鉄ブラザーズだが、
1年でしぶとくここまで復活していた。

チビ蘇鉄


よく見ると硬いトゲトゲの葉の間に蔓状の新顔が登場している。
完璧主義の「草抜き隊」のおじさま方の魔の手から逃れたこれは何だろう。
今のところ楚々としてきれいだけれど、
これが気を許すと大繁栄して“困ったちゃん”となる可能性は大いにある。
いつも思うのだ、
草も「ほどほど」ってことを知ってくれるといいのにな、と。

新顔
スポンサーサイト



| 未分類 | 04:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |